海外で外こもりブログ
40前に海外逃亡したら、こんな感じになりました
家関連

ティファールのコードレスクリーナー修理の件、上位モデルに無料交換される。

どもどもでっす、ピサヌロークからナリカーでっす。

今日も雨時々曇りの天気でピサヌロークは大雨警戒ゾーンです。昼間より夜~早朝にかけて雨が強くなる感じですね。

本日も大雨警戒ゾーン

タイの新型コロナ新規感染者は2391人、死者25人。ピサヌロークは新規17人です。

今日からタイは連休なので連休明けに感染者が増加するかも。

まあ日本の新規感染者の増加率のほうが凄いから何てことはないか。日本は外国人観光客の入国禁止してるのに自国民だけでこれだけ感染者増えるなら、観光客入れても大丈夫じゃない?

ティファールのコードレスクリーナー復活!

今年1月に嫁氏が掃除中にヘット部分を壊し、俺氏が修理した後に充電さえ出来なくなったティファールのコードレスクリーナーをピサヌロークのサービスセンターに持ち込んだ。

まだ保証期間内なので運が良ければ無料で修理できる可能性有るし、修理代が本体の50%以内なら有償修理でもOKって感じで取り敢えず預けてきた。

ピサヌロークのティファールサービスセンター&タイのガソリン価格グラフどもどもでっす、ピサヌロークからナリカーです。 昨日は久しぶりに頂いた翻訳業務を嫁氏と一緒に作業してサクッと完了。 タイ語の...

6月14日に掃除機を預けてからお店から何も連絡がなく、これはタイあるあるの「受け取った後にそのまま放置プレイ」を疑う様になったが、昨日の昼に「掃除機取りに来て」と連絡が入る。

修理ではなく新品と交換でした。

雨が降りそうな天気ですが、嫁氏の在宅勤務も終わった時間なのでCLICK125i君でサービスセンターに向かいます。途中で雨がポツポツ落ちてきたけれど濡れるほどではなかった。

サービスセンター

そしてお店に入り前回貰った預り証を渡すと奥から大きめの箱がやってきた。
預けた時は本体のみ渡した筈だけど修理センターで余った箱に入れてくれたのかな?

サービスセンターの人に確認すると「今回は修理ではなく無料で新品と交換です。修理品はモデルチェンジされて別のモデルになります

との事でした。おぉ!無料修理だけでも嬉しいのに新しいモデルに無償交換とか太っ腹だね。我が家でのティファール株がグッと上昇致しました。

なんか箱が大きくない?

新しいコードレスクリーナーはダイソン風のデザインで良さげじゃん。箱が大きくなってCLICK君のフロアに入らなかったので嫁氏に持ってもらい自宅に帰りました。

掃除機が新しくなった(^^)

新しい掃除機は「Tefal X-Rert 6.60」

無償交換された新しいコードレスクリーナーは「Tefal X-Rert 6.60」ってモデル。

定価は7990バーツで通販価格で5000バーツ(約18500円)くらいでした。

我が家が修理に出したモデルは通販で1600バーツだったのでかなり高級品に生まれ変わったよ。

バッテリーは18Vとなり、最大仕事量100Wで最長45分の運転が可能らしい。実際はモーターヘッド利用で稼働28分くらいみたい。

パーツを確認した限りでは使用した形跡がないので新品?(キャンセル品)だね。今回はハンディ用のブラシとすき間ノズルと衣類用のラバーブラシ?も付属されてます。

箱の中身
部品をチェック。ヘッド部分はまた壊れそうな見た目

組み立て&掃除レビュー

説明書には日本語がないけど組み立ても使い方も難しくないのでサクサクっと組み立て。

前回のモデルは自立状態で収納できたけれど、新しいモデルは本体が手元に来て重量バランスの問題で自立収納は❌。壁にネジ止めでスタンド兼充電器を設置できるけれど嫁氏は壁に穴を開けたくないみたいなので床に寝かして置くことにする。

モーターヘッドで狭い場所は苦手だけれど、ヘッド周辺はスリムになったのでソファー下とかの掃除はしやすくなった。ヘッド部分にLED照明が有るけど正直暗くて効果弱い。

ハイパワーモードは赤いトリガーを引いた時だけ作動するけど通常レベルの吸引で問題ないよ。

組み立て完了。

吸引力はバッテリーが18Vになったので必要十分です。猫砂とかはモリモリ吸うよ。

中間パイプを外してもモーターヘッドが使えるのも地味に便利でした。狭い階段掃除とかで動かしやすくて良い。

前回モデルはサイクロン機構がショボくてあっという間にフィルターがゴミまみれになったけれど新しいモデルは改良されたのか少し良くなった気がする。

手元に本体が移動して掃除中の廃棄が身体に直接来るけれどこのタイプは皆同じと思うから文句はない。

個人的にはマキタの18Vクリーナーがオススメ

個人的な感想だけど、タイル張りの床でモーターヘッドが不要であれば、このモデルの価格に1000バーツくらい足してマキタの18Vクリーナー買った方が幸せになれるかな。

パーツ構成を見るとヘッド部分の樹脂は相変わらず脆そうだし、バッテリー劣化を考えると世界共通で手に入るマキタのバッテリーは優秀だと思う。

本体、充電器、バッテリーのセット(サイクロンは別売り)

コードレスクリーナーは吸引性能とか音とかじゃなくてバッテリーの入手性に注目するべきと思う。

ケーヨーデイツーのコードレスクリーナーは本体は元気だけれどバッテリーの販売が終わって置物状態になったし。

マキタであれば世界中に展開してるし、安全性を無視すれば安物の互換品も手に入るからバッテリーが買えなくて使えなくなることは無いと思う。

業務用?で多少乱暴に扱っても壊れにくいし、細かな補修パーツも手に入るのでオススメなのです。

まあそんな感じで修理に出したティファールのコードレスクリーナーが新品になって帰ってきた話でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へブログランキング ペットランキング にほんブログ村 ↑ブログ気に入って貰えたらリンク2個をポチッっとお願いします。

ABOUT ME
ナリカー
自分が2012年にタイ移住したときの、日本家族への生存確認として始めたブログです。 今現在は夫婦2人と猫2匹に囲まれ、猫ブログ、自転車ブログ、バイクブログ、俺飯的な日常雑記ブログを適当に書いています。   記事が気に入って頂けましたら、埋もれている過去記事も楽しんでいって下さいね(^^)  
こちらの記事もオススメ

POSTED COMMENT

  1. ぎるぴ より:

    故障したら新品をくれるのは海外っぽいですね
    日本だとそのぐらい普通だとか軽く補修して様子をみてと言われ保証期間が過ぎて終了が多いです(高級ブランド以外)
    最近は初期不良率は高めだけど新品交換してくれる中国方式のほうが良い気がしてきました

    • ナリカー より:

      ぎるぴさん、こんにちは。
      てっきり中古品との交換か有償修理費が高くて修理キャンセルになると思っていましたが、驚きの上位モデルに無償交換でした。
      こんなコトされたらほれてまうやろー。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)